計算と物件下見

ネットで検索した物件のキャッシュフローを次々に計算してみました。
でも、今ひとつ、ピンとこないと言うことで、何棟かは実際に見に行ってみました。
するとイメージが湧き、真剣に、検討することができます。
見た目で「これ、ステキ。私が住みたい。どうしてこれが長く売れていないんだろう?」と思うものが、何度計算しても
条件を変更してみても、(自己資金を実際より高く設定する、ローンを長く設定する)投資に値するという結果が出ない。
少し勉強した人なら分かることばかりだが、私には、当たり前のことがわかっていなかったのです。
建蔽率容積率の低い場所では、収益物件として効率の悪い建物しか建てられない。
しかし、それとは関係なく土地の価格や建築費が乗せられているので、いわゆる「利回り」が低くなっている。だからと言って、それを家賃に上乗せすることはできない。。。。
マイホームを探すのと変わらない気持ちで「閑静な住宅地」に目が行ってしまった結果です。
収益物件は、「収益物件を探す目」で見なくてはならないと、少しだけ分かりました。

机上の計算だけでもダメですし、かといって、見ただけでは「見た目」に惚れてしまいますので、その辺を心しながら、勉強したいと思います。
[PR]
by kotubutubu | 2008-05-05 00:47 | 物件見学など
<< ブログめぐり 不動産セミナー資金調達編 >>